iPhoneXのブランド力

###Site Name###

ここ数年、日本でのiPhoneXブームには眼を見張るものがあります。


日本ではソフトバンク、auの二社がiPhoneXを扱っていたのがdocomoも参入してきて、いよいよ三つ巴の様相を呈してきました。

一時のMNP取り合い合戦のピークは一台につきCB50000円という、モノを買ってるのに高額な現金を貰えるという異常とも言えるピークは峠を越えたと思いますが、それでもAndroidよりもiPhoneXにブランド力に感じる日本人は右に習えごとく、iPhoneXを持ちたがります。



ただ、au、ソフトバンク、docomoキャリア販売店で購入した商品が、例えば故障した場合の修理受付はしていないといった矛盾はいつになったら解消されるのでしょうか?販売店、代理店の負担は相当なもので、例えば機種変更一つをとってもiPhoneXには赤外線、SDカードも入らない仕様なのでアドレス帳のみ転送するだけでも手間をとります。



データ転送は基本に店員がしてはいけないという絶対ではないグレーゾーンなルールがあります。ただ、販売店、代理店の場合はそのアドレス帳を移して欲しいとの要望に対して応えなければ、商品を買って貰えない、そして売上げが上がらない、に繋がるので多くはそのグレーゾーンのルールを破っているのが現状です。


消費者はその不便を感じるにも関わらず、欲しがるのはさすがだと認めざるを得ません。

日本経済の事を考えるのであればAndroidにもさらなる頑張りを期待したいと思います。


最近では様々な世代の人達がiPhoneXを使用している光景が街の至る所で見られるようになりました。その中にはまだ幼い小学生のような子供も含まれています。
そして子供がiPhoneXを使用することについては賛否両論色々な意見がありますが、基本的には度を過ぎた使用をしていない限りは、子供がiPhoneXを使用することは必ずしも悪いことばかりではないと言うことが出来るでしょう。



iPhoneXを子供が使うことには様々なメリットも存在します。


まず無料のアプリが沢山ダウンロード出来ますので、わざわざ有料のゲームソフトを買い与えなくて済む分、親としては節約になって助かることになります。

それからアラームの機能を使うことで、子供に時間を管理させることの大切さを覚えさせることも出来ます。

最近では宿題を効率的にテキパキと行う為にアラーム機能を利用して行っている子供が増えてきています。

それからGPS機能を使うことで、子供の安全管理もすることが出来ます。

小学生位の年齢になると子供達だけでどこへでも遊びに行ってしまうようになり、親としては頼もしく思う反面心配でもあります。

なので子供が今どこにいるのかを容易に把握することが出来るGPS機能は、親にとって安心を与える非常に効果的なツールであると言えます。

もちろん何事にも適量というものがありますので、一日中iPhoneXを子供が手放さないという環境にはしてはいけません。

使い過ぎると視力も悪くなってしまいますので、時間を守らせメリハリを持って使用させる必要があります。